あま本(Amazonで本)公式サイト

Amahonn official site

 

宮本武蔵が書いた「五輪の書」にはどんなのがあるのか知りたいのに、アマゾンで検索すると宮本武蔵についての本がたくさんノイズとしてでてきて、イラっとする!

こんなストレスを解消するために、作ったのが『あま本』です!

ヘビーな読書愛好家から、文献を探すプロの方までわかりやすい、グラフィカルな一覧表示のアプリです。

※V1.4.0よりAmazon API 2011年改訂に対応すると同時に、検索方法を大幅に見直し、検索も高速になりました!


あま本の使い方

基本的には、人物名かキーワードにしてすれば、検索し、結果が一覧に表示されます。

一覧で行を選択すると、下記ができます。

その他には、下記の操作ができます。検索中でもできます。

アマゾンの制約で、検索結果は100件までです。

慣れてくるとウインドウ左下のメーターで100件を超すかどうか、検索してすぐわかるので、必要に応じて[中止]ボタンで打ち切って条件を変えて再検索することもできます。

1)著書を探す

誰かの著書を探している時は、下図のように「人物の著作のみ」を指定すると、著者に人物名が入っていない本は除かれます。

2)人物に関連する本を探す

歴史上の人物やアイドルなど、人物に関連する書物を探している時は、下図のように「人物についての本」を指定すると、先ほどと違い書名に人物名が入っている本に絞られます。

下の例では、それだけでは100件を超えるので、さらに発行日を「2008年1月1日よりも前のリリースは除外する」を指定してます。

3)キーワードで関連する本を探す

キーワード欄に入力しただけで検索すると、かなり緩い検索になります。たとえば同じ意味の用語が含まれている本、タグが一致する本、概要にキーワードが含まれている本などなど。

もっと絞り込みたい時は、下図のように「キーワードが書名に含まれる」を指定すると、そのようなノイズが取り除かれます。

4)本のタイプを指定して絞り込む

昨今のように漫画、TVアニメ化、映画化、それをネタにした本と、漫画関係の検索ではノイズだらけになることがあります。

そんな時は、下図のように本のタイプを指定すると目的の本に絞り込めます。

ただしアマゾンのデータベースは本のタイプには結構誤りが見受けられます。チョイ技としては、ある著者の文庫を探す時に、人物名に著者名、「人物の著作のみ」指定、キーワードに文庫名あるいは“文庫”、「キーワードが書名に含まれる」を指定、そして「すべて対象」で検索したほうが目的の文庫が見つかることがあります。

5)ツイート

気になる本をツイートして、自分のメモがわりにしたり、他のネットユーザーと共有することができます。

行を選んで、Ctrl+ダブルクリック、あるいは[Tweet]ボタンを押すとツイート画面が開きます。自動的に書籍名、著者、本への短縮URLが入ります。もちろん編集もできます。

このアプリは、ツイッター社にxAuth認証のアプリとして認定されています。このアプリではセキュリティに配慮して、初回のみパスワードを入力します。その後のツイートでは、パスワード欄が入力不可(グレーアウト)になりますが、これはxAuth認証が既に行われ、パスワードの入力が必要ないことを表しています。このアプリでは、ツイッターアカウントのパスワードは、お使いのパソコンやどこかのサーバーには一切記録しません。

ツイッターのユーザーIDを変更すると、認証は解除され先述のパスワード欄も入力できるようになります。


ダウンロード

ベクターのダウンロードページからダウンロードできます。→ベクターへ飛ぶ

動作には、.NET Framework 3.5が必要です。(XP,Windows7で動作確認済み)


Link

ナンデモ時計など、いろいろおもしろいアプリがあります。→トップページへ飛ぶ

免責事項

あま本(以降、当アプリと呼ぶ)は著作権法で保護されております。

当アプリは、フリーソフトです。  無償でのご使用と、現状のリリース(msi)のままの再配布を許諾いたします。

当アプリの改変や、改変したものの再配布、リバースエンジニアリング等の解析など上記以外は許諾されません。

当アプリは、アマゾンInc.に許可を得て同社の提供するAPIを使用し、レスポンスデータに含まれる同社が記録・公開している書籍情報、サムネイル画像のURLを参照して表示しています。したがって、当アプリに表示される画像、当アプリからWebブラウザに表示される同社のWebサイトに関して一切関知していません。

したがって当アプリで、使用者が被るいかなる損害が発生しても一切保証いたしません。

使用にあたっては、すべて自己責任でお願いいたします。

ブログ、ツイッター、雑誌等でのご紹介は大歓迎です。ご自由にしていただいて結構です。


リリースノート

2012/01/01 V1.4.0 アマゾンのAPIの改訂に対応しました。


コンタクト

Twitterのアカウント @dentakurouまで


Copyright(c) dentakurou 2011