< meta content="text/html; charset=utf-8" http-equiv="Content-Type" /> 気圧日記 気圧をみんなでシェアするiPhone6/iPhone6 plus/iPad Air2対応の無料アプリ

気圧日記

iPhone/iPad 気圧アプリ

iPhoneやiPadに内蔵されている気圧センサーを使って、現在地の気圧(hPa、ヘクトパスカル)を計測し、メッセージ、メール、Twitter、Facebook、カレンダーなどに気圧とメッセージ、ハッシュタグ、位置情報を書き込んでシェアできます。TwitterやFacebookの画面で位置情報を付加すると、友達との位置の違いによる気圧の違いなどを比較することが出来ます。

同じ時間に異なる地域の人と一斉にツイートすると、貴重な気象観測のビッグデータが簡単にできあがります。日本の気象研究に貢献するために“バルス祭り”のように気圧日記で一斉ツイートするというのはいかがでしょう。台風や大雪の前後などの気圧と場所のツイートも研究データとして、社会に役立つツイートになるでしょう。カレンダーに書き込めますので、飛行機のフライトログとしても便利です。

View on App Store

使い方

計測画面

起動するとすぐに測定を始めて、しばらくすると気圧が表示されます。数秒おきに更新されます。

コメントできます。(オプション)

空模様などを撮影したりフォトライブラリから選択できます。(オプション)

定型のハッシュタグを設定できます。(オプション)

現在位置(緯度・経度、住所の文字列)を計測できます。(オプション)

iOSの仕様によりバックグランドの時は気圧の測定はしません。アプリに戻るとまた測定を始めます。

計測して表示される緯度・経度を含むURLをタップするとグーグルマップで地図を見ることができます。住所の文字列をタップするとマップアプリで地図を見ることができます。

緯度・経度と住所の文字列はスイッチでシェアする文に含めるか否か指定できます。

インスタグラムへの投稿をスイッチで指定できます。(オプション)

気圧をシェアする

メイン画面の小さなメッセージ欄にメッセージを入力して右上のシェアボタンをタップすると、TwitterやFacebookで気圧をみんなとシェアできます。メッセージはツイートの画面で修正できます。

フェイスブックは、ポリシーや仕様により以下の制限があります。
- 写真とハッシュタグは投稿のダイアログへ自動挿入されますが、気圧とコメントの文字列を自動挿入できません。投稿のダイアログの「テキストを入力」の所でタップして「ペースト」をするとコメントの文字列が貼り付けできます。
- ハッシュタグは1つまでです。

インスタグラムは、ポリシーや仕様により以下の制限があります。
- 写真は投稿のダイアログへ自動挿入されますが、気圧とコメントとハッシュタグの文字列は自動挿入されません。投稿のダイアログの「テキストを入力」の所でタップして「ペースト」をするとコメントの文字列が貼り付けできます。
- 写真がないと投稿できません。

気圧を自分のカレンダーに記録する

シェアは恥ずかしい、でもプライベートな旅行日記やフライトログ、自分の頭痛とか体調と気圧の変化の関係が気になる、という方にはカレンダーがお薦めです。

メイン画面で書き込み先のiOSのカレンダー名を選択して、「カレンダーに記録する」をタップすると、その時間の気圧とコメントを記録できます。カレンダー名の選択は[-][+]ボタン(ステッパー)です。一度カレンダーに記録すると、それ以降カレンダー名は保存され次回起動時に表示されます。カレンダーはいつでも[-][+]ボタンで変更できます。

カレンダーに、気圧、コメント、位置情報は記録できますが、写真は記録できません。

気圧日記あるある

気圧表示が変わらないので動いていないのでは?

いままで何件かありましたが100%「気圧が安定していた」というのが原因でした。細かすぎるのも目がチカチカして落ち着かないので小数点以下1桁まで表示するようにしました。それ以下は四捨五入しています。

カメラの撮影画像が真っ暗

原因:うっかりカメラへのアクセスを許可しなかった。[設定]→[プライバシー]→[カメラ]→[気圧日記]をON

フォトライブラリで選べない

原因:うっかり写真へのアクセスを許可しなかった。[設定]→[プライバシー]→[写真]→[気圧日記]をON

アプリを起動したら前回撮影した写真が表示されない

原因:このアプリは写真を保存しません。

位置情報がエラー

原因:うっかり位置情報サービスへのアクセスを許可しなかった。[設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]→[気圧日記]をON

住所の文字列が表示されない

原因:機内モードなどネットワークが使えない。気圧と緯度・経度は内蔵センサーを使っているのでオフラインでも取得できます。でも住所の文字列はその緯度・経度をもとアップルから取得しているのでネットワークが使えない環境だとブランクになります。

タップしたのにカレンダーを見ると書き込めていない

下記を点検してください。

このアプリについて(About this app)

プライバシーについて(Privacy Policy)

本アプリは、気圧を計測するだけで、お使いになっているデバイスから情報を抜き取って他のサーバー等へ配信および収集することはありません。

利用規約、免責事項(Terms of Use and Disclaimer)

本アプリは、現状のまま利用することを許諾しています。また、本アプリによって被るいかなる損害も補償するものではありません。

THE INFORMATION YOU FIND ON THE App ARE PROVIDED “AS IS” , WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EITHER EXPRESS OR IMPLIED,INCLUDING WITHOUT LIMITATION ANY WARRANTY FOR INFORMATION, SERVICES, OR PRODUCTS PROVIDED THROUGH OR IN CONNECTION WITH THE App’S SERVICES AND ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE, EXPECTATION OF PRIVACY OR NON-INFRINGMENT.

サポート(Support)

Twitter @fushigikobo

商標(Trademarks)

iPhoneはApple社の商標です。